子宮頚癌ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)

子宮頸癌

子宮頚癌は我が国では現在、女性特有の癌の中では乳癌に次いで多い癌です。年間約15,000人が発症して、3,500人が死亡しています。子宮頚癌の発症年齢は20~40歳代と他の癌に比べて若年であることも特徴的です。また、近年、それ以上に子宮頚癌発症の若年化が進んでいます。
おそらく全ての子宮頸癌はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染から始まるといわれています。HPVは性交渉で簡単にうつるので、その前に接種することが勧められています。性交渉の経験まもなくして6割以上の女性がHPVに感染すると報告されています。その後、性交渉を重ねる度にこの割合は高くなります。
感染後、ほとんどの人は自然治癒しますが、約1割の女性が持続感染し、前癌状態(異型性)に進展します。さらに、そのごく一部が癌化します。それまでには10年以上がかかるとされています。
HPVは100種類以上の型があり、このうち性器感染するものは約35種類、子宮頚癌を起こしやすい16と18を代表とするハイリスクとその他のローリスクにわかれます。
日本のワクチンはこの16と18型に対するワクチンであり、16と18型は子宮頚癌の約70%程度の原因とされています。全てのHPVに対しての免疫ができるわけではないので、適齢期になったなら子宮頸癌の健診はうけなければいけません。

上に戻る

スケジュール

日本ではヒトパピローマウイルスワクチンはHPV16,18型に対する2価のワクチン(サーバリックス)しかありませんでしたが、平成21年9月15日から、16、18型の他に、性病である尖圭コンジローマの原因となるHPV6,11型の感染予防にもなる4価のワクチン(ガ−ダシル)の接種が可能となりました。サーバリックスとガ−ダシルではスケジュールが少し異なるので注意してださい。

2回目 3回目
サーバリックス 1回目から1ヶ月後 1回目から6ヶ月後
ガ−ダシル 1回目から2ヶ月後 1回目から6ヶ月後

上に戻る

副反応

注射部位の疼痛、発赤、腫脹が認められますが、いずれも一過性です。
その他には軽度の発熱、倦怠感がみられることがあります。

上に戻る