B型肝炎ワクチン

B型肝炎

B型肝炎ウイルスは、容易に性感染し、急性肝炎、時には劇症肝炎になり命をおとすことさえあります。また、分娩の際にお母さんからうつったり、輸血などでも感染します。
肝炎になると疲れやすくなり黄疸がでます。慢性化すると肝硬変や肝がんの原因になったりします。
先進国の中にはワクチン接種を義務づけている国もあります。年齢を重ねると、それだけ抗体がつきにくくなりますので、できるだけ若いうちに接種することをお勧めします。

上に戻る

スケジュール

生まれてすぐにでも接種ができます。しかし、生後1ヶ月~3ヶ月で開始するのがお勧めです。
乳幼児やご家族にHBe抗原陽性者がいるハイリスクでは、1回目のワクチン接種後、4週間経過した時点で2回目を接種し、1回目から20〜24週後に3回目を接種して終了となります。抗体のつき具合を見るため、3回目の接種後1ヶ月で採血いたします。抗体のつきが悪い場合は1ヶ月の間隔をおいてもう一度接種することが望ましいとされています。
10歳未満は1回0.25ml、10歳以上は1回0.5mlの接種量となります。

上に戻る

副反応

このワクチンに特別な副作用は報告されておらず、安全なワクチンとされています。

上に戻る