インフルエンザ生ワクチン(フルミスト)

フルミストとは

フルミストは鼻の中に噴霧するタイプのインフルエンザ生ワクチンです。
英語の発音ではフルーミストと言います。
弱毒化したインフルエンザウイルスを鼻の中に噴霧して、インフルエンザ擬似感染状態にさせ免疫を得ることになります。
そのため、注射の痛みはありません全くありません。
また、不活化ワクチンで得られる血液中の抗体に加え、ウイルスの侵入門戸(しんにゅうもんこ-微生物が感受性宿主に侵入する際に通る身体の部位)である鼻腔局所の免疫も得ることができるため、発病予防効果が高くなるといわれています。
2003年にアメリカで承認され、2011年からはヨーロッパでも承認されていますが、日本ではまだ未承認のワクチンです。
そのため、重篤な副反応が出た場合には医薬品副作用被害者救済制度が適応されません。

上に戻る

投与法

フルミスト

上に戻る

不活化ワクチンとの違いについて

  フルミスト 不活化ワクチン
対象年齢 2歳以上49歳以下 6ヶ月以上
効果の持続 1シーズン 4〜6ヶ月
投与方法 鼻腔内噴霧 皮下接種
成分 4価(A型2株、B型2株) 4価(A型2株、B型2株)
接種回数
1回
(8歳以下で過去にインフルエンザにかかったことがなく、また、インフルエンザワクチンを1回も受けたことのない方は2回接種) 12歳以下は原則2回
13歳以上は原則1回
費用 1回8000円予定 1回3500円
世田谷区からの補助 なし あり
重篤な副反応に対する救済対象
(医薬品副反応被害者救済制度)
なし あり

上に戻る

接種の対象になる方

2歳以上、49歳以下

上に戻る

接種できない方

・上記の対象年齢以外の方
・妊娠している方また、その可能性が高い方
・5歳未満で喘鳴の既往がある方、1年以内に喘息発作を起こした方
(接種できることもありますのでご相談ください)
・慢性疾患(心疾患・肺疾患・肝疾患・糖尿病・腎疾患など)のある方
(接種できることもありますのでご相談ください)
・インフエンザの成分(鶏卵、ゲンタマイシン、ゼラチン、アルギニン)に対して重度のアレルギーがある方
・免疫不全の方や免疫不全の方と接触する可能性が高い方
・アスピリンを服用している方
・過去4週間以内に生ワクチンを接種している方
・37.5度以上の熱がある方、体調が良くない方
・その他、医師が接種不適当と判断した方

上に戻る

スケジュール

原則1回の接種です。
8歳以下で過去にインフルエンザにかかったことがなく、また、インフルエンザワクチンを1回も受けたことのない方は2回接種になります。

上に戻る

負担金額

1回8000円(税込)予定です。世田谷区からの助成は効きません。

上に戻る

副反応

多いものとして鼻水、鼻つまり、頭痛、発熱などの風邪症状ですが、重篤な副反応は報告されていません。
その他の一般的な副反応が起こる可能性がありますが、頻度は少ないとされています。

上に戻る

予約方法

電話(03-5477-7736)にて承ります。
数に限りがありますので予定数に達しましたら終了とさせて頂きます。

上に戻る