BCGワクチン

結核

咳や発熱が続く病気ですが、子どもの場合、咳などの症状はあまりみられません。
赤ちゃんの場合は粟粒結核(結核の全身感染症)や、髄膜炎になりやすく、後遺症が残ったり、死亡する例がみられます。

上に戻る

スケジュール

生後11ヶ月(1歳未満)までに1回接種します。標準的には生後5ヶ月から8ヶ月での接種がお勧めです。

上に戻る

副反応

腋下(わきの下)のリンパ節腫、腋下外のリンパ節腫脹、接種部位のケロイドなどがありますが、一般的には無治療で経過を観察するだけでよいものばかりです。厚生労働省の報告によるとBCGワクチンの副反応は760件/2,067万接種件数と非常に少ないです。
重症な副反応である全身性播種性BCG感染症、骨髄炎や骨炎などは非常に稀で、主に生まれつきの免疫不全症の子どもに発症します(診断がついていたら接種はできません)。
「Q&A BCGについて」もご参照下さい。

上に戻る

コッホ現象

結核感染をしていない子どもでは、一般に接種3~4週後に針痕に一致した部位に反応が認められ、3ヶ月頃には落屑し瘢痕化致します。
しかし、結核感染をしている子どもでは、10日以内、多くは3~5日頃に局所の炎症、痂皮、膿疱が認められます。この場合は主治医に必ず相談して下さい。精密検査が必要であったり、保健所への報告が必要になることがあります。

上に戻る