麦粒腫(ものもらい)・霰粒腫

【目の構造】
麦粒腫
【麦粒腫とは】
「ものもらい」、「めばちこ」などと呼ばれています。汗を分泌している汗腺や、脂のでるマイボーム腺の感染症です。
 まぶたの痛み、腫れ、ときにかゆみを伴うこともあります。通常は抗生剤の点眼で治りますが、ひどい場合には切開が必要になることもあります。
【霰粒腫】
上記のマイボーム腺の閉塞による無菌性の慢性に肉芽種性の炎症です。まぶたの赤み、腫れ、痛みなどは通常認めませんが、炎症が広がると上記の症状が出ることがあります。麦粒腫と区別が難しいこともあります。内容物の切開排膿が基本ですが、子どもの場合は薬物治療と経過観察が基本となります。