提携駐車場あり 19:00まで診断

診療案内 歯磨き指導

赤ちゃんの歯の磨き方

赤ちゃん歯ブラシ

保護者が膝に仰向けに寝かせ、歯磨きをするのではなく、口の中を観察することから始めて下さい。
また、最初は口の中を触るのではなく、ほっぺたを触ったりして遊びながら、柔らかいガーゼなどで拭う事で十分です。保護者が歯を磨くことをお子さんに見せてあげることも良いでしょう

歯の観察が上手に出来るようになったら、赤ちゃん用の歯ブラシで1〜2回歯に触れる練習をして、練習後褒めてあげましょう。
なれてきたら歯磨きを始めて下さい。子どもの機嫌をとりながら1本5秒くらいで十分です。
離乳完了期までには歯ブラシになれていることが良いと思います。

上唇小帯という上唇につながっているヒダにあたると痛いので、人差し指の腹で押さえながら磨くと痛くありません。

生え始めた歯のまわりの歯肉は強く磨くと出血しやすいので、磨くと言うよりは優しく掃くような感覚で大丈夫です。歯の全体が生えてくればもう痛くありません。

 

歯磨き指導(2〜5歳)

歯磨き

2歳〜3歳頃に奥歯が生えてきますが、かみ合うにはまだ数ヶ月かかります。
この周囲は食べ物がたまりやすく虫歯になりやすいので注意が必要です。

歯磨き粉は口をすすげるようになったら使用して下さい。フッ素入りの物がいいです。
最初からつけてしまうとよく磨けたどうかがわかりませんので、仕上げに小豆大程度を歯ブラシにつけてみがいて下さい。

子供用の歯ブラシは安全対策がなされている物を使用すること、歯ブラシをくわえたまま歩いたりしないことなどが大切です。

初診予約はこちら 再診予約はこちら お知らせ
TOP