13価肺炎球菌ワクチン(小児用)

肺炎球菌感染症

肺炎球菌による病気で、脳を包む髄膜で炎症を起こす細菌性髄膜炎や菌血症、肺炎、中耳炎などを起こします。
髄膜炎は早期診断が難しいため重症になりやすく、死亡や重い後遺症の残る例もあります。
菌血症は髄膜炎の前段階となることがあります。
肺炎や中耳炎は治りにくかったり、繰り返したりします。
この病気は自然に感染することでは免疫はつきません。ワクチン接種が必要です。

上に戻る

スケジュール

生後2~6ヶ月に接種を開始した場合

生後2~6ヶ月に1回、その後4週以上の間隔をあけて、2回目、また、4週以上あけて3回目を接種します。
4回目は3回目から60日以上あいた12~15ヶ月に接種します。
トータルで4回接種となります。

生後7〜11ヶ月に接種を開始した場合

生後7ヶ月から11ヶ月に1回目、4週以上あけて2回目を接種します。
3回目は2回目から60日以上あいた12~15ヶ月に接種します。
トータルで3回接種となります。

1歳に接種を開始した場合

1歳に1回目、60日以上あけて2回目を接種します。
トータルで2回接種となります。

2歳~5歳に接種を開始した場合

接種回数は1回だけです。

上に戻る

副反応

接種局所の発赤や腫れ、しこりが見られる場合があります。特に心配ありません。
接種した日や2日目位に熱が出ることがあります(38℃以上が1/10人位)が、元気が良ければ放っておいても大丈夫です。3ヶ月以内の子どもや、熱が3日以上続くとき、元気がないときは必ず受診してください。違う病気が考えられます。

アメリカのACIPによる補助的追加接種(Supplemental Dose)の重要性

アメリカでは7価小児肺炎球菌ワクチンの接種を完了した子どもに、13価のワクチンを追加接種することが勧められています。この接種により追加した6価の血清型の抗体産生が期待できると言われています。日本では定期接種の対象にならないので自費扱いとなりますが、是非考慮して下さい。補助的追加接種の接種は最終接種から8週以上あけて接種する事が勧められています。なお、補助的追加接種は定期接種と異なり、6歳未満までが接種年齢となります。

上に戻る