Hibワクチン

Hib(インフルエンザ菌b型)感染症

インフルエンザ菌b型という細菌(インフルエンザウイルスとは全く別のもの)による病気で、細菌性髄膜炎や喉頭蓋炎、肺炎などを起こします。5歳までにかかることの多い病気です。
髄膜炎は早期診断が難しく、重症化します。死亡や重い後遺症の残る例も多くあります。この病気は自然に感染することでは免疫はつきません。ワクチン接種が必要です。

上に戻る

スケジュール

生後2~6ヶ月に接種を開始した場合

生後2~6ヶ月に1回、その後4週以上の間隔をあけて、2回目、また、4週以上あけて3回目を接種します。
4回目は3回目から7ヶ月以上あけて1歳を過ぎたらすぐに接種します。

生後7~11ヶ月に接種を開始した場合

生後7ヶ月から11ヶ月に1回目、4週以上あけて2回目を接種します。
3回目は2回目から7ヶ月以上あけて接種します。
トータルで3回接種となります。

1歳~5歳未満に接種を開始した場合

接種回数は1回だけです。

上に戻る

副反応

接種後7日までに発熱が1~4%、嘔吐1~8%といわれていますが、全身反応がほとんどありません。局所反応は他のワクチンと一緒です。

上に戻る