子宮頚癌予防ワクチンの積極的勧奨の控えについて

平成25年6月14日に厚生労働省から、子宮頸がん予防ワクチンについて、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が接種後に特異的に見られたことから、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を控えるよう勧告がありました。
定期接種を受けるにあたっては、その有効性と接種による副反応のリスクを十分に理解したうえで受けるようにしてください。
また区は、区内の医療機関に対して、積極的な勧奨を行っていないことを伝えるとともに、有効性及び安全性等について十分に説明した上で接種するよう周知しております。
今後、国において副反応症例について速やかに専門家による評価を行い、積極的な勧奨の再開の是非を改めて判断する予定です。