日本脳炎定期予防接種の対象拡大に伴う取り扱いについて

日本脳炎予防接種対象拡大
(平成7年6月1日から平成19年4月1日までに生まれた者)

平成19年5月20日より、日本脳炎予防接種で接種の機会を逃した者(平成7年6月1日から平成19年4月1日までに生まれた者)の接種期間が、現行制度では対象に該当しない期間(生後90月(7歳6ヶ月以上9歳未満、13歳以上20歳未満)も定期接種の期間となりました。

13歳以上の接種者は、同意書があれば保護者が同伴しなくとも接種できます(保護者の同意書のある接種票様式で接種します。)。また、平成23年度は、9歳・10歳に1期未接種分を勧奨することになっております。

世田谷区では、平成23年4月より、9歳になる該当者に第2期接種票をを送付するとともに、1期接種未完了分の接種票は申し出により発行しています。

今回、9歳になる者にたいする勧奨と同様の内容で、10歳になる該当者に対して、2期分の接種票を送ると同時に1期未接種分についての接種勧奨を行います。

接種票の取り扱い

  1. 第1期対象者(生後6ヶ月以上7歳6ヶ月未満)の方
    第1期(初回・追加)の接種票は、従来の様式を使用します。
  2. 第1期対象者から年齢要件が外れた方(7歳6ヶ月以上13歳未満)
    第1期(初回・追加)の接種票は、従来の第1期様式を使用します。
    『「特例」(赤)の表示をして発行します。』
  3. 第2期対象者(9歳以上13歳未満)
    第2期接種票は、従来の様式を使用します。
  4. 13歳以上20歳未満の方
    第1期接種未完了分、第2期未接種分用接種票を作成、発行します。

※ 2)、4)の対象は平成7年6月1日から平成19年4月1日生まれの者

詳しくは区にお問い合わせください。

日本脳炎ワクチン予防接種(つだ小児科クリニック)