【風邪とは】

一般的に風邪とは「咽頭炎」や「感冒」などと呼ばれています。
定義ははっきりとしたものはありませんが、2011年小児呼吸器感染症診療ガイドラインによれば、「鼻汁と鼻閉が主症状のウイルス性疾患で、筋肉痛などの全身症状がなく、熱はないか、あっても軽度なものを指す。鼻炎と言われるが、より正確には鼻副鼻腔炎(rhinosinusitis)である」と定義されています。
幼児は1年間で平均6〜7回かかり、子どもの10〜15%は年間12回くらいかかるようです。
また、保育所、幼稚園なのに通っているお子さんは50%かかることが多いとの報告もあります。
つまり、子どもの風邪のほとんどは治療が必要ではありません。溶連菌感染症以外では抗生剤は必要ありません。問題は風邪かどうかと言うことです。
また、一部の患者さんが重症化します。その中には中耳炎、副鼻腔炎(蓄膿)、肺炎、脳症などがありますが、初期にはそれらに進行するかどうかを判断することは出来ません。

【風邪の代表的な原因ウイルス】

ライノウイルス:4月、5月、9月、10月
パラインフルエンザウイルス
I型:8月、9月、10月
Ⅱ型:9月、10月、11月
Ⅲ型:4月、5月、6月
RSウイルス:10月、11月、12月、1月、2月
インフルエンザウイルス:12月、1月、2月
エンテロウイルス:5月、6月、7月、8月、9月

【症状】

数日の潜伏期間ののち、咽頭痛から始まり、鼻汁や鼻閉などの症状が主体となります。咳嗽は約30%に認められます。
インフルエンザやアデノウイルス、RSウイルスでは発熱やその他の症状を伴うことが多いです。
症状の大部分は1週間以内に軽快しますが、約10%は2週間程度持続するとされています。

①鼻水・鼻づまり
鼻水、鼻づまりは風邪を起こしているばい菌(ほとんどが細菌ではありません)とからだが戦った産物です。
また、鼻づまりは鼻の粘膜にある血管が拡張したために起こるとされています。
これらはからだがばい菌を洗い流すための役割がありますが、時に子どもにとってはわずらわしいこともあります。
鼻汁の色や粘稠度が変化してくることはよく見られますが、副鼻腔炎や細菌感染症のためではないことがほとんどです。
つまり、鼻汁が透明ではないからと言って抗生剤が必要になるわけではないと言うことです。

②咳
咳は気道に入ってきた異物や過剰な分泌物(痰など)を排出するためのものです。
咳は主に湿性咳嗽(湿った咳、あるいは痰の絡む咳)と乾性咳嗽(渇いた咳)に分けられます。
気道の分泌物の量を反映しています。
咳がひどく吐いてしまったあと、咳が一時的に止まることを経験したことはありませんか?これは吐くときに痰が一緒に出て楽になるからです。ですから咳も基本的には止める薬は必要ありません。
ただし、あまりにも咳がひどいときには止める必要は出てきます。
咳が出ている期間により、3週未満を急性の咳嗽、8週未満を亜急性咳嗽(長引く咳)、8週以上を慢性咳嗽と呼びます。
風邪などでも3週位は咳が続くことがあるので3週未満を急性の咳嗽としたのです。
ただし、子どもの場合は2週と4週で線引きをしている先生もいらっしゃいます。

【潜伏期】

2〜8日(平均4〜6日)、乳児では症状の出る直前から数週間ウイルスを排出すると言われています。

【合併症】

上述のように、細気管支炎、肺炎が主な合併症です。発熱が持続し、喘鳴、多呼吸を伴うときは要注意です。哺乳力低下、酸素濃度(SpO2)低下を認めるときは入院になる事があります。

【治療】

一般の感染症で風邪の症状しかなければ治療の必要はありません。
喘鳴、発熱、多呼吸、哺乳力低下を伴えば吸入、気管支拡張剤などを処方し、点滴も行うことがありますが、すべて効果が高いわけではありません。必要の応じて大きな病院を受診して入院の必要性をみてもらいます。
入院をのがれれば通常は1週間程度で軽快します。

【予防】

先天性心疾患を持ったこども、早産児、気管支肺異形成症を持つこども、ダウン症はシナジス(パリビスマブ)の注射を流行期前から行うことが出来ます。
それぞれの適応はその疾患の主治医の先生が教えてくれるはずです。
大変高価な薬のため個人の診療所で行うことはまれです。ちなみに、シナジスを接種しても予防接種に影響しませんので同日でも、翌日でも通常の予防接種は可能です。

【登校登園基準】

解熱し喘鳴もとれ、全身状態が良ければ登園可能です。